FC2ブログ

自動車(二輪車を含む)の税金

ここでは、「自動車(二輪車を含む)の税金」 に関する記事を紹介しています。
           ★自動車個人売買アシスト。古物商あり自動車買取りも可能です。JAAI自動車査定士も合格しました★
ホームページにGO!
所有権解除専門サイト!(登録ネットワークに登録済み行政書士です)
自動車に関する売買契約書作成・名義変更・廃車手続き。又一番高額で買ってくれる業者等への仲介もいたします。

   自動車の名義変更・廃車手続き処理3万件以上の経験と知恵で
消費税がかからない個人売買の時代に貢献します。

   ■ Email- tsurumaken@gmail.com■ 営業用電話📱090-1309-6706◆FAX011-831-3640
   ※中古車販売業界には精通しています!  ※許せない不透明な自動車の諸費用!

やはりまずい広告がでますので他のHPへ移転予定です。                   
訳わからない諸費用を取る業者(デイラーも含む)に気をつけろ!     

自動車の税金 

クルマを購入する段階で、「自動車取得税」と「消費税」がかかる。

201910月自動車取得税」されるが、結局、「環境税」とか言って税金はのこしそうだ。

 クルマを、所有をすれば、「自動車税」または「軽自動車税」が毎年かかる。さらに、新規登録や車検時には「自動車重量税」を納付することになる。

 そして、所有にかかわらず、クルマを使う場合は、ガソリンなら「揮発油税」「地方揮発油税」、軽油なら「軽油引取税」、LPG(プロパンガス:石油液化ガス)なら「石油ガス税」がかかり、しかも燃料購入時には消費税が課される。

 これら九つの税のうち、購入時の取得税に関しては、現状、2019年3月31日まで、環境対応車普及促進税制(通称・エコカー減税)により、免税や軽減措置がある。また、重量税も19年4月30日まで免税や軽減措置があり、免税の車両に関しては新車購入時から3年後の初回車検時にも免税が適用される。

 自動車税と軽自動車税に関しても、環境性能の優れたクルマに対しては、グリーン化特例が適用され、税額の軽減措置がとられている。ただしこれは、購入翌年の納税1回目のみに限られる。

一方、新車登録から13年を過ぎたガソリン車とLPG車、11年を過ぎたディーゼル車には、約15%の重課となる。ガソリンハイブリッド車や電気自動車などは対象から外されている。

 こうした税金の軽課や重課は、環境車の普及促進の暫定的な措置である。次世代車の普及に伴い、軽減措置はなくなるであろうし、重課は残される可能性もある。次世代車が当たり前の存在となったとき、適正な自動車税体系となっていることが望ましい。


のようにクルマは、「購入」、「所有」、そして「使用」の各段階で様々な税が課せられている。特に問題とされている点を解説したい。

 自動車関連税の中でも古くからあるのが自動車税である。1940年(昭和15年)に創設され、その目的は、資産税的な性格と道路の利用の受益者負担という性格がある。資産税的な意味合いとは、当時まだクルマがぜいたく品であったことを示している。

軽自動車税は、58年(昭和33年)に自動車税より分離独立された。通産省(当時)による国民車構想から発展した軽自動車、スバル360などが誕生した時期と重なる。

 

昔、軽自動車に車検制度はなかった今は大きな財源。

 自動車にかかる税金の主なトピックスを表にまとめてみた。

主な 

一部誤りを訂正して載せました。


スポンサーサイト



関連タグ : 行政書士鶴間, 札幌運輸支局, 名義変更, 北海道,

関連タグ : 札幌運輸支局, 名義変更, 行政書士, 廃車,

 
 国税庁のHPより

  自動車リサイクル法に基づく自動車重量税の還付

  還付の条件

   (1)  解体を事由とする永久抹消登録申請書又は解体届出書を
       運輸支局等に提出すると同時に還付申請書を提出したものであること。
       輸出される自動車には適用されない。

   (2)  車検残存期間が1か月以上あること。



関連タグ : 行政書士, 札幌運輸支局, 廃車, 車庫証明, 軽自動車,

改正エコカー減税


改正エコカー減税







関連タグ : 札幌運輸支局, 行政書士,

    

   自動車税納税証明書(継続検査用)について

    

※ 車検時に、自動車税の納税証明書が必要になります。

    実務上、基本的に問題になる代表的なケースが2つあります

   

   

自動車税は、毎年41日午前0時の時点でその自動車の所有者、

もしくは使用者に対し納税義務が発生します

 

売買や引越によって他の都道府県ナンバーから変更があり、

 

次年度分の自動車税納期限までに車検を受ける場合は、

転出前の都道府県が発行した自動車税納税証明書(継続検査用)が 

         必要になります

 

その1

 他の都道府県ナンバーから変更を行った売買の場合


平成2441日 自動車税納税義務が発生する日の所有者は:小泉さん(東京都) 
旧所有者:小泉さん(東京都)が新所有者:安倍さん(山口県)に

平成2521日の売買により、名義変更手続きを行った。
車検満了日が、平成2531日であった。

その場合、安倍さんが山口県で車検を受ける場合は、

小泉さんが東京都で納税した
自動車税納税証明書(継続検査用)が必要となる。

 

その2

 他の都道府県からの引越をされた場合


平成2441日 自動車税納税義務が発生する日の
所有者:麻生さん(宮城県)
平成2521日に(北海道)引越し住所変更手続きを行った。   
車検満了日が、平成2531日であった。

その場合、麻生さんが北海道で車検を受ける場合は、

麻生さんが宮城県で納税した
自動車税納税証明書(継続検査用)が必要となる。




 



※ 有料ですが登録自動車(封印が付いてる車)の

名義変更(移転登録)について 15種類

登録自動車の名義変更の具体的わかりやすい雛形一覧表へ




関連タグ : 変更登録, 札幌陸運支局, 廃車, 行政書士,