FC2ブログ
行政書士が自動車等の個人売買や買取業者との間に入る自動車ユーザー応援サイトです。
           ★自動車個人売買アシスト。古物商あり自動車買取りも可能です。JAAI自動車査定士も合格しました★
ホームページにGO!
所有権解除専門サイト!(登録ネットワークに登録済み行政書士です)
自動車に関する売買契約書作成・名義変更・廃車手続き。又一番高額で買ってくれる業者等への仲介もいたします。

   自動車の名義変更・廃車手続き処理3万件以上の経験と知恵で
消費税がかからない個人売買の時代に貢献します。

   ■ Email- tsurumaken@gmail.com■ 営業用電話📱090-1309-6706◆FAX011-831-3640
   ※中古車販売業界には精通しています!  ※許せない不透明な自動車の諸費用!

やはりまずい広告がでますので他のHPへ移転予定です。                   
訳わからない諸費用を取る業者(デイラーも含む)に気をつけろ!     

自動車登録のあり方に関する検討会


第4回検討会(平成23年1月26日)

OSS(ワンストップサービス)は、システムだけを構築しても

おそらく難しい。本人確認や新車検証の授受や

ナンバーが変わる場合は、そのナンバープレートの

授受をどうするかと考えていくと、

結局、一般国民の皆さんが、

直接OSSはできないシステムになりそうだ。

(この国土交通省のポスターに出てくる代行者とは誰?)

本来、OSS(ワンストップサービス)は、ただ一方的に

申請行為を行えば、それで完結するような

手続きには適しているが、それ以外の手続きには

なじまないと思われている。しかし、一回事業を

始めると、止まらないのが国の政策なんですよね。

この電子政府構想は、元森総理の時に始まりました。

自動車の登録に関しては、都道府県(車庫証明や自動車税など)、

市町村(軽自動車税など)もシステム構築に参加

しなければなりません。北海道などは、予算が

きつくてなかなか参加できないようです。

また、利用頻度が低い手続きに関しては

(自動車登録以外の)電子申請

できていたものも、採算が合わずに

現在では廃止になっている

手続きも実際にあります。

なんでも電子申請にすれば

よいというものではありません。

再度、OSSありきではなく、

そのことも含めて、本当の意味での検討会を

開いてもらいたいですね。


※ こんな風に批判を、書くと実務でいじめられる

可能性がでてくるんです。実名をだしていると。
スポンサーサイト



関連タグ : 名義変更, 廃車, 札幌陸運支局,