FC2ブログ
行政書士が自動車等の個人売買や買取業者との間に入る自動車ユーザー応援サイトです。
           ★自動車個人売買アシスト。古物商あり自動車買取りも可能です。JAAI自動車査定士も合格しました★
ホームページにGO!
所有権解除専門サイト!(登録ネットワークに登録済み行政書士です)
自動車に関する売買契約書作成・名義変更・廃車手続き。又一番高額で買ってくれる業者等への仲介もいたします。

   自動車の名義変更・廃車手続き処理3万件以上の経験と知恵で
消費税がかからない個人売買の時代に貢献します。

   ■ Email- tsurumaken@gmail.com■ 営業用電話📱090-1309-6706◆FAX011-831-3640
   ※中古車販売業界には精通しています!  ※許せない不透明な自動車の諸費用!

やはりまずい広告がでますので他のHPへ移転予定です。                   
訳わからない諸費用を取る業者(デイラーも含む)に気をつけろ!     


行政書士法21条

第21条 次の各号のいずれかに該当する者は、

1年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処する

1.行政書士となる資格を有しない者で、日本行政書士会連合会に対し、
    その資格につき虚偽の申請をして行政書士名簿に登録させたもの

2.
第19条第1項の規定に違反した者


19条第一項第1項の規定に違反した者とは

第1条の2 行政書士は、他人の依頼を受け報酬を得て、

官公署に提出する書類

(その作成に代えて電磁的記録(電子的方式、

磁気的方式その他人の知覚によつては認識することが

できない方式で作られる記録であつて、

電子計算機による情報処理の用に供されるものをいう

。以下同じ。)を作成する場合における当該電磁的記録を含む。

以下この条及び次条において同じ。)

その他権利義務又は事実証明に関する書類

(実地調査に基づく図面類を含む。)を作成することを業とする。



簡単に言えば、商売として(お金を取って)官公庁への書類は

作成できない。また、無料と謳っていても一連の流れでお金を

取っていれば違法であると、総務省の見解には書かれている。


悪質であれば、懲役刑もあります。








スポンサーサイト



関連タグ : 札幌陸運支局, 名義変更, 廃車,