FC2ブログ
行政書士が自動車等の個人売買や買取業者との間に入る自動車ユーザー応援サイトです。
           ★自動車個人売買アシスト。古物商あり自動車買取りも可能です。JAAI自動車査定士も合格しました★
ホームページにGO!
所有権解除専門サイト!(登録ネットワークに登録済み行政書士です)
自動車に関する売買契約書作成・名義変更・廃車手続き。又一番高額で買ってくれる業者等への仲介もいたします。

   自動車の名義変更・廃車手続き処理3万件以上の経験と知恵で
消費税がかからない個人売買の時代に貢献します。

   ■ Email- tsurumaken@gmail.com■ 営業用電話📱090-1309-6706◆FAX011-831-3640
   ※中古車販売業界には精通しています!  ※許せない不透明な自動車の諸費用!

やはりまずい広告がでますので他のHPへ移転予定です。                   
訳わからない諸費用を取る業者(デイラーも含む)に気をつけろ!     

  
  検査記録事項等証明書とは


《対象車両》 検査対象軽自動車又は二輪の小型自動車

《対象者》 所有者のみの申請

《意義》 自動車の登録(封印がついている)については、


所有権の得喪についての第三者対抗要件となるという民事的効果があるため、

自動車登録ファイルの記録は広く一般に公開する必要 があり、

何人も登録事項等証明書の交付を受けることができることとされている。

一方、検査対象軽自動車又は二輪の小型自動車(251cc以上)に関しては、こうした所有権の 公証制度はないため、

自動車のファイルを一般に公開することとはされていない。


 しかし、平成17年の法改正により、検査対象軽自動車等の所有者に、

新たに、解体等・輸出に係る届出の義務が課せられることとなったが、

この場合、当該 自動車の所有者(信販会社・デイラーなど)は

必ずしも車検証を有しているものではなく(使用者が車検証を返納している場合もある。)、

所有者が、届出の対象となる自動車の車台番号や

最終的な車両番号等を知ることができるよう検査記録事項等証明書の交付を

受けることができることとしたものである。


根拠法令


※第72条の3 検査対象軽自動車又は二輪の小型自動車の所有者は

国土交通大臣に対し、第72条第1項に規定する

軽自動車ファイル又は
二輪自動車検査ファイルに記録されている事項を証明した書面の

交付を請求することが出来る。








スポンサーサイト



関連タグ : 札幌運輸支局, 行政書士,