FC2ブログ
行政書士が自動車等の個人売買や買取業者との間に入る自動車ユーザー応援サイトです。
           ★自動車個人売買アシスト。古物商あり自動車買取りも可能です。JAAI自動車査定士も合格しました★
ホームページにGO!
所有権解除専門サイト!(登録ネットワークに登録済み行政書士です)
自動車に関する売買契約書作成・名義変更・廃車手続き。又一番高額で買ってくれる業者等への仲介もいたします。

   自動車の名義変更・廃車手続き処理3万件以上の経験と知恵で
消費税がかからない個人売買の時代に貢献します。

   ■ Email- tsurumaken@gmail.com■ 営業用電話📱090-1309-6706◆FAX011-831-3640
   ※中古車販売業界には精通しています!  ※許せない不透明な自動車の諸費用!

やはりまずい広告がでますので他のHPへ移転予定です。                   
訳わからない諸費用を取る業者(デイラーも含む)に気をつけろ!     

消費税が上がると、確実に自動車の個人間売買は増加します

自動車登録手続きは、紙媒体によるものは、行政書士の独占業務です。

その1 消費税が上がる、すなわち、個人売買が増加する。

その2 悪徳業者が増えている。

最近、悪徳な自動車販売業者は、販売時点で、

もう将来の廃車手続費用や、本来その会社が負担しなければならない下取り費用など

不当な利益を あげているケースもあります。 またポッキリ車など不透明な販売方法も、

公正取引の観点から、必ず本体価格と諸経費の細かい内訳を消費者に

告げなければ違法行為です。

何故かというと、他の販売店で販売している車両価格との

比較が出来ずに、公正な取引を阻害してしまうからです。

ポッキリ車が悪いというのではなく内訳を消費者に告げて

いるかどうかが問題なのです。

また、最近では、競争が激しいのでなるべく

本体価格を安く見せて客をよび、

いわゆる不透明な諸経費で不当な利益

を取る商売も増えています。

例 ある中古車販売店では、車両本体が20万円位で、

諸費用・諸経費が車の本体価格と同じぐらいの20万円

わけのわからない経費がありましたね。

(車を買っているのか、諸経費を払っているの

かわからないような?)


諸経費が40万円くらいの途方もない金額の注文書(契約書)を

見たこともあります。




スポンサーサイト



関連タグ : 札幌運輸支局, , 札幌自動車登録事務センター, 名義変更, 車庫証明,