FC2ブログ

特定二輪車免許改正21.9.1から

ここでは、「特定二輪車免許改正21.9.1から」 に関する記事を紹介しています。
三輪の自動車の区分の見直しに伴う

特例試験の実施について
 

   見直しの内容(改正内容)の概要 

 

道路交通法施行規則の一部を改正する内閣府令等が

 

平成21年9月1日(以下「施行日」といいます。)から施行されることに伴い、

 

施行日以降は現在普通自動車対応免許のみで運転できる三輪の自動車のうち、

 

車体の構造上その運転に係る走行の特性が二輪の自動車の運転に係る走行の

 

特性に類似するものとして次に掲げる4つの要件全てを満たす三輪の自動車は

 

二輪の自動車と区分されることになります。

  


4つの要件は


◆3個の車輪を備えていること。

 

◆車輪が車両中心線に対して左右対称の位置に配置されていること。

 

同一線上の車軸における車輪の接地部中心点を通る直線の距離が

460ミリメートル未満であること。

 

◆車輪及び車体の一部又は全部を傾斜して旋回する構造を有すること。


 

 該当する三輪の自動車(以下「特定二輪車」といいます。)の運転は、

 

施行日以降は普通自動車対応免許ではできなくなり、

 

特定二輪車の排気量に応じて大型二輪免許又は普通二輪免許

 

(以下「二輪免許」といいます。)を取得していなければ運転できなくなります。

 

(無免許運転となりますので注意。)

(※普通自動車対応免許とは、普通自動車が運転できる免許種別のことです。

 

  経過措置等

 

  改正府令施行の際、普通自動車対応免許で特定二輪車を運転している方は

 

平成21年9月1日から平成22年8月31日の間は

 

「現在と同様普通自動車対応免許で運転ができる。」こととし、

 

この期間実施する「特例試験により、現在運転に従事している

 

特定二輪車の排気量に対応する特定二輪車だけが運転できる、

 

二輪免許の取得が可能。」となります。


※ ポイント
今まで普通4輪で運転できたのが、できなくなる。

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://doityourself555.blog46.fc2.com/tb.php/155-aa9a09d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック