FC2ブログ

中型自動車免許制度について、過去に遡のぼって掲載

ここでは、「中型自動車免許制度について、過去に遡のぼって掲載」 に関する記事を紹介しています。
中型自動車免許(中型免許)は2007年(平成19年)6月2日から
 
普通自動車、大型自動車の区分が変更され
中型自動車免許制度ができる。
 
2007年(平成19年)6月2日に

施行(改正)された道路交通法によって、

新設された新しい運転免許証です。

普通自動車、大型自動車の区分が変更され、

中型自動車という区分が新しく加わり、

普通免許、大型免許と同様に、

「中型自動車第二種免許・中型仮免許」も

同時に新設されました。
 
また改正前に普通自動車免許を取得していた方が

運転免許証の更新をする場合、運転免許証の

免許種類欄は、普通から中型に変わりますが、

免許証の条件欄には「中型車は中型車8tに限る」

との条件が記載されます。
 
改正前の普通免許を受けている方は、

中型車8t限定(AT中型車限定)

の条件を付された中型免許(一種・二種免許)を

所持しているとみなされるため、

改正後も改正前と同じ範囲

(普通免許の場合は車両総重量8t未満、最大積載量5t未満、乗車定員10人以下
)の

自動車を運転することが可能です。

(改正後に取り消し処分を受けて新たに普通免許を


普通免許を
取得した場合は適用外となります)。

※ 実際無免許運転で処分された人がいます。


かなり他国に比べて、複雑なりましたね。



スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://doityourself555.blog46.fc2.com/tb.php/156-662d3797
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック