FC2ブログ

何故、車庫証明の電子申請(ワンストップサービス)が、ほとんど使用例なしなのか?

ここでは、「何故、車庫証明の電子申請(ワンストップサービス)が、ほとんど使用例なしなのか?」 に関する記事を紹介しています。


現在、車庫証明の電子申請の対象は新車のみです。

実は、新車新規登録が一番やさしいのです。

何故、車庫証明の電子申請(ワンストップサービス)が普及しないのか?

まず、車庫証明だけの電子申請(ワンストップサービス)は出来ません。

登録手続き(陸運支局)・自動車税等の申告(都道府県)などへの

一括申請となります。

各都道府県の予算がないと、システムの導入ができない。

そして、一番大きな理由は、すべて正確な申請がなされる事

前提として、システムが構築されている。

一度登録されると、その後、その持ち主に色々と変化

が起きます。たとえば、法人ならば合併や分社化、

個人では死亡による相続手続きなどが絡んできます。

故に、他の法律(民法・会社法など)の適用を受けてしまいます。

それを、ワンストップでやろうとすれば、一番最初の窓口

である警察署が、その後の登録等にも精通している

職員を用意する必要がある。それには無理があると

思うのでやつぱり陸運支局か?しかし、自動車取得税

が課税されるのかどうか陸運支局で把握する必要ある?

難しいと思う。

間違いがある場合、メールでやりとりをするにしても

申請者の都合で、スムーズに仕事が運ばない結果になってしまう。

しかし、この電子申請は、ワンストップサービスになっている。

すなわち、複数の官庁が対象となる一括申請となっているため、

3つの官庁である警察・陸運支局等・自動車税(都道府県)

について、すべての知識がある人が、担当でなければ

やはり、スムーズに仕事が運ばない結果になってしまう。
 
3つの官庁を統括する為の、新しい官庁が必要になりますよ。

おそらく、官僚さんが、作成したため、机上の空論になっている。

「申請は現場で起きているのだ」


自動車登録系に詳しい行政書士を、利用していかなければ 

おそらく普及しないと思います。

今の、ままでは間違いなく現場官庁の担当者は、嫌がっています。

パスポートの発行について電子申請だったのだか、結局廃止になった。

森内閣の時に、電子政府にしようとしましたが、どうも、進んでいません。

普及されるためのテクニックは、ありますが、費用対効果を考えると

結構難しいですね。
 
電子申請は、行政書士を、利用していかなければ 

おそらく普及しないと思います。しかし、



どうやら天下り先の団体を利用しょうとしているみたいです。

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://doityourself555.blog46.fc2.com/tb.php/190-86205aa0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック