FC2ブログ

前回と前々回の事業仕分けBを約3時間見ました。疲れました。

ここでは、「前回と前々回の事業仕分けBを約3時間見ました。疲れました。」 に関する記事を紹介しています。
事業仕分けBを約3時間見ました。

悪いですが、仕分け人は表面的

な事しか勉強していないのか?

例として、仕分け人が、軽自動車の車庫証明について

聞いているシーンなんですが

軽自動車の場合、車庫証明がいる地域といらない

地域があるのですかと聞いてましたが

場所よりも、もともと車庫証明法の

主旨である『保管場所の確保なき者は自動車を持てない』

から考えなければならない。

軽自動車の場合、名義変更後に車庫証明を出す制度になっているので

『保管場所の確保なき者は自動車を持てない』車庫証明法の

主旨に反することが、まずおかしいのだ。また、軽自動車の場合

も、今の大きさから考えれば、登録自動車と同様な基準で車庫証明は

当然必要となるのではないでしょうか。

軽自動車はミニカーではないのだから。

また軽自動車の車庫証明は、警察の天下り先

である、交通安全協会のおじさん達さえ見に来ない。

車に貼るシールをくれるだけのお笑いの制度なのだ。

そして、車庫証明は、警察の担当なのでうち(国交省)では

わからんの逃げ口上?全体の仕組みを、理解していなければ

国の組織であるわけだからまずいのでは?

また、指定工場と認証工場についての

話も、論理矛盾をつくことが、できていませんでした。

指定工場の、検査員の役目を、まず問うてみるべきでしたね。

検査員は、整備してはいけないことになっていますからね。

仕分け人の言う通り、基準さえきちんとすれば指定工場で

認証工場の車検できると思いますよ。

自賠責保険についても、抜本的改革を

提言してほしかった。

最後に、本当に第六次MOTASでしばらくは変わらない

間違いないですよね!

見てるうちに腹が立ってきたのですが

登録制度・検査制度・届け出制度

の違いと、対象車種位は理解してから

仕分けせ~よ。

MOTASちょつとソフト変えれば

おそらくすべての車種に

登録制度・検査制度・届け出制度

を問わず、使用可能です!
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://doityourself555.blog46.fc2.com/tb.php/260-30077056
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック