FC2ブログ

中古車業界の問題点(不透明な諸経費)

ここでは、「中古車業界の問題点(不透明な諸経費)」 に関する記事を紹介しています。

◇最近、悪徳な自動車販売業者は、販売時点で、

   もう将来の廃車手続費用や、本来その会社が負担

   をし
なければならない下取り車の名義変更料を、

 分らないような名目をつけて諸経費という中で

 不当な利益を
あげているケースもあります。

 またポッキリ車など不透明な販売方法も、

 公正取引の観点から、

 必ず本体価格と諸経費の細かい内訳を消費者に

 告げなければ違法行為です。
 

何故かというと、他の販売店で販売している車両価格との

比較が出来ずに、公正な取引を阻害してしまうからです。


ポッキリ車が悪いというのではなく内訳を消費者に告げて

いるかどうかが問題なのです。

 

また、最近では、競争が激しいのでなるべく

本体価格を安く見せて客をよび、

いわゆる不透明な諸経費で不当な利益

を取る商売も増えています。

 

例 ある中古車販売店では、車両本体が20万円位で、

    諸費用・諸経費が車の本体価格と同じぐらいの20万円

わけのわからない経費がありましたね。

   (車を買っているのか、諸経費を払っているの

   かわからないような?)


諸経費が40万円ぐらいの途方もない金額の注文書(契約書)

見たこともあります。

 

 基本的には、自動車の手続きを人質のようにして、

  行われる悪質商法に対抗する為に 
 
  のサイトは作られました。

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://doityourself555.blog46.fc2.com/tb.php/3-e87f0233
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック