FC2ブログ

車検制度とは?(車検制度が絶対なくならない理由)

ここでは、「車検制度とは?(車検制度が絶対なくならない理由)」 に関する記事を紹介しています。
現在の車検制度については、正直、

車検の検査項目は、ある意味、前時代的

かつ、その時だけ保安基準を、満たしていればよい

制度なので、次の日、故障等を起こしても

車検制度に責任はない。


最近の、自動車ユーザーは、タイヤ交換もできない

人もいます。パンクしたらどうするのか?

おそらくJAFを呼ぶが、答なんだろうね。

たとえば、オイル交換は、車検項目に入っていません。

車検制度よりもまず、運転者の教育が、必要なのだと思う。

まずいと思ったときには、整備業者に、整備してもらう

その為の知識、これが、重要だと思います。

車検有効期間はすべてを、

保障してくれる制度なら

それでよいが、それはない。

運転者自身のレべルUPが必要なのではと思う。

始業点検の仕方とか、ある現象が起こったら何を

疑うべきかなどの講習会を行った方が、現実的には

運転者の為になると思います。


そして、たとえば2年間(車検期間)に運転する者が

自分の自動車について、把握していなければ駄目でしょ。

自動車は、機械なのだから必ず

壊れる。消耗品は必ず交換が必要となる。

その仕組みを知ることは、運転するものには必要。

車検制度は、ある意味、なんの役にも立たない。


しかし、結論

車検制度は税金等収集制度なので

(自動車税・自動車重量税・自賠責保険料)

絶対なくならない。今や、駐車放置車の反則金

の徴収までもやっている

ある意味、利権の塊(かたまり)

絶対無くなりません。


自動車行政制度jpg





スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://doityourself555.blog46.fc2.com/tb.php/320-19a8c639
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック