FC2ブログ

今、自動車・二輪車の手続きに対して、官公庁がしなければならないことは?

ここでは、「今、自動車・二輪車の手続きに対して、官公庁がしなければならないことは?」 に関する記事を紹介しています。



まず、官公庁とは、国土交通省だけではなく、

自動車税については都道府県、車庫証明については警察署など

が関係している。

官公庁がしなければならないことは国民にとって分りやすい方法を

とる事が、必要なのではないかと思う。官庁にとって、メリットがある

税金等を取り易いなどの方法を導入することを

中心に、考えることは間違っているしかし、それは、単に手続きを簡素化

することではありません。

よく、不動産登記を自動車登録に当てはめて考えている

様ですが、自動車はある意味、凶器にもなるものなのです。

基本的な考え方では全く違う観点も必要です。

元々、自動車所有者等の確認は、正しくできる様な

制度にしておくことは必要です。銃刀法のように

所有者の確認の可能性を、高めておく事は絶対に必要です。

まず、日本においては人口減に伴い登録・検査自動車等は確実に

減少して行く事は確かです。

国土交通省にて

「自動車登録等に関する検討会」

が過去5回行われていましたが結局、有識者と言うことで

出席していたメンバーは業界人ばかりでした。


この人達が決めて行くと言うことは、業界に

都合の良い事が決められてしまう。

そして、有識者に意見を聞いたアリバイづくり?

方向は国民の方向を見ているとは、とても思えません。


減少していく登録件数を、うまく整理して統合

させていくことはできる。それは、今、国土交通省

が考えている

ワンストップサービスではありません。ワンウィンドウサービス

を提唱します。少なくとも

ツウウィンドウサービス位にはできますよ

そして管轄地域を大きくして今107ある

ナンバープレートの数を減らす。

せめて47都道府県の47には減らせる。

まあ希望番号は残してもいいのでは

とは思います。しかし、逆に無駄に増えている

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://doityourself555.blog46.fc2.com/tb.php/359-d603dd4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック