FC2ブログ

行政書士法違反の続き…行政書士法21条

ここでは、「行政書士法違反の続き…行政書士法21条」 に関する記事を紹介しています。

行政書士法21条

第21条 次の各号のいずれかに該当する者は、

1年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処する

1.行政書士となる資格を有しない者で、日本行政書士会連合会に対し、
    その資格につき虚偽の申請をして行政書士名簿に登録させたもの

2.
第19条第1項の規定に違反した者


19条第一項第1項の規定に違反した者とは

第1条の2 行政書士は、他人の依頼を受け報酬を得て、

官公署に提出する書類

(その作成に代えて電磁的記録(電子的方式、

磁気的方式その他人の知覚によつては認識することが

できない方式で作られる記録であつて、

電子計算機による情報処理の用に供されるものをいう

。以下同じ。)を作成する場合における当該電磁的記録を含む。

以下この条及び次条において同じ。)

その他権利義務又は事実証明に関する書類

(実地調査に基づく図面類を含む。)を作成することを業とする。



簡単に言えば、商売として(お金を取って)官公庁への書類は

作成できない。また、無料と謳っていても一連の流れでお金を

取っていれば違法であると、総務省の見解には書かれている。


悪質であれば、懲役刑もあります。








スポンサーサイト



関連タグ : 札幌陸運支局, 名義変更, 廃車,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://doityourself555.blog46.fc2.com/tb.php/427-b1386326
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック