FC2ブログ

検査記録事項等証明書

ここでは、「検査記録事項等証明書」 に関する記事を紹介しています。
検査記録事項等証明書

現在証明と詳細証明(最初の届出から請求時点現在まで)

の2種類あります


《対象申請者》 所有者の申請、交付となります。 
 
《対象車種》
 検査対象軽自動車又は二輪の小型自動車

1.申請(請求)書(第3号様式)30円から40円(現在証明は1両につき検査登録印紙300円)・

(詳細証明は1両につき1枚目は検査登録印紙1,000円、

2枚目以降は1枚につき300円追加になります)
(注意事項)

ナンバープレートの表示事項
(例 札幌  る ■○△☆)全てまたは車台番号の全てが判明していなければ請求できません。


2.請求者本人を確認できるもの
(不正請求による犯罪防止の観点から必要ですので下記のいずれかの提示をお願いします)

運転免許証・被用者保険証・国民健康保険被保険者証・パスポート・外国人登録証明書・

顔写真付きまたは氏名住所が確認できる身分証明書


3.所有者の印鑑等

所有者本人が直接請求するときは、請求書への所有者印もしくは

所有者の直筆署名があれば不要となります。

所有者本人が直接請求できない場合で代理人が請求するとき、

所有者の印鑑を押印した委任状又は請求書への所有者の押印もしくは

所有者の直筆署名があれば不要となります。

自動車の登録(封印がついている)については、所有権の得喪についての

第三者対抗要件となるという民事的効果があるため、

自動車登録ファイルの記録は広く一般に公開する必要 があり

何人も登録事項等証明書の交付を受けることができることとされている。

一方、検査対象軽自動車又は二輪の小型自動車に関しては、

こうした所有権の 公証制度はないため

自動車のファイルを一般に公開することとはされていない。
 

しかし、平成17年の法改正により、

検査対象軽自動車等の所有者に、

新たに、解体等・輸出に係る届出の義務が課せられることとなったが、この場合、

当該 自動車の所有者(信販会社・デイラーなど)は

必ずしも車検証を有しているものではなく

(使用者が車検証を返納している場合もある。)、

所有者が、届出の対象となる自動車の車台番号や

最終的な車両番号等を知ることができるよう検査記録事項等証明書の

交付を受けることができることとしたものである。


※第72条の3 
検査対象軽自動車又は二輪の小型自動車の所有者は、

国土交通大臣に対し、

第72条第1項に規定する軽自動車ファイル又は

二輪自動車検査ファイルに記録されている事項を証明した

書面の交付を請求することが出来る。






スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://doityourself555.blog46.fc2.com/tb.php/46-7b7eeb4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック