FC2ブログ

変更登録と記載変更の分かれ道

ここでは、「変更登録と記載変更の分かれ道」 に関する記事を紹介しています。


記載変更と変更登録の分かれ道


            kisaihenkou.pdf


◇ 使用者の住所の変更(※使用の本拠の位置は変更なし
       ★ポイントは使用の本拠の位置か変わるのかどうか


1.住民票などで自動車検査証(車検証)に記載されている住所からのつながりを証明できない場合は、


   変更の経緯を証明できる次の書類が必要になります。→住民票の除票、戸籍の附票等、商業閉鎖登記簿謄本等


2.使用の本拠の位置に変更がないとする挙証証明が必要となります。ただし、


   現在の自動車検査証(車検証)上の使用者住所と使用の本拠の位置が異なる場合については不要です。


 ※通常、個人の場合は住所と使用の本拠の位置は同時に変更となるため変更登録手続きになります。



◇ 使用者の氏名又は名称の変更(※住所は変更なし

    戸籍謄本(写)等、商業登記簿謄本(写)等(発行日から3ヶ月以内のもの)


 戸籍謄本等で自動車検査証(車検証)に記載されている氏名(名称)からのつながりを証明できない場合は、


 変更の経緯を証明する次の書類が必要になります。→戸籍(除籍)謄本等、商業閉鎖登記簿謄本等


  例 自動車検査証(車検証)の所有者と使用者が別人で、結婚や離婚で使用者の名字だけが変わった場合などは記載変更。
    自動車検査証(車検証)の所有者と使用者が別人で、商号変更で使用者の名称だけが変わった場合などは記載変更。



 ※ 使用者を別の人に変更する場合又は氏名だけではなく住所の変更を伴う場合は変更登録手続きになります。
  
 ◇ 構造変更以外の諸元等の変更など


   記載変更手続きは使用の本拠の位置を管轄する運輸支局での手続きとなります。






スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://doityourself555.blog46.fc2.com/tb.php/489-7ccef1fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック