FC2ブログ

内容証明を書くために必要な知識 自動車現状販売が契約書あっても

ここでは、「内容証明を書くために必要な知識 自動車現状販売が契約書あっても」 に関する記事を紹介しています。

   ただ 内容証明を書くためでさえ

 民法だけではなく

特定商取引法・消費者契約法の知識を持って書く必要が

あります。また、不動産関係で内容証明を書く場合は、

借地借家法などの法律知識が必要となります。

そして、攻め口として、景品表示法やその他の法律をも駆使

して作成しなければなりません。また、内容証明により時効の期間

を延ばす効力などを考えたり、裁判になった場合は、弁護士の先生に

依頼するしかないので、相手から上げ足を取られないような

文章を、書かなければなりません。

しかし、お客様が、その内容証明の文を見ても、実は評価が低いものなんです。

それ位、お客様からすれば自分自身でも書けると思うものなんです。

私は、結構考えて作成しているのですが。

易しく簡明な文章の作成が、行政書士法により求められています。

例えば、車検証の再交付において、無くした状況などを、具体的に理由書に書いてくださいと

私が、お客様に言いました。しかし、意外と筋を立てて分かり易く文章を書くことは

難しいと思います。これは、実際にやってみたら分かります。


実際、行政書士試験の合格しただけでは、全く使い物になりません。

私が知っていた人で、難関である

司法書士試験に見事に合格し、開業しましたが、6ヶ月目に廃業。

お客様は、6ヶ月間0人でした。

又、弁護士の先生においても、司法試験合格以後の勉強

無くして、実務はこなせないと思います。

自動車現状販売が例えば契約書に

書いてあっても、改正消費者契約法により

かなり戦えるようになったと思います。






スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://doityourself555.blog46.fc2.com/tb.php/508-07fa1d22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック