FC2ブログ

行政書士の役割と行政書士法違反について

ここでは、「行政書士の役割と行政書士法違反について」 に関する記事を紹介しています。
行政書士の役割と行政書士法違反について
 
1. 自動車の名義変更(移転登録)・廃車(抹消登録)などを、官公庁(陸運支局等)にする

   場合、
報酬(商売)をもらってその手続をできるのは、基本的には行政書士だけです。
 
 
2.自動車販売セールスマン等が、報酬(商売)をもらって、書類作成(登録関係書類及び

車庫証明も含む)
はできません。
 
 
3.中古車販売店などが、お金を取って、行政書士に頼まず、登録関係書類(車庫証明

も含む)の作成は、出来ません。
 
よく注文書(契約書)を見てください。行政書士料と書いてあっても、

依頼していない場合も多いので注意。

 
※ 行政書士料と書いてあって、もし依頼していないときは詐欺行為です。
 
その他、行政書士料のほか2~5万円の料金を車庫証明や登録の手数料を

取っていたら違反の可能性が高い。
 
 
※ 違反している場合は、行政書士法19条に違反し一年以下の懲役又は50万円以下

の罰金に処せられます。

※ 違反している場合は、名義変更等の料金を返金してもらえる権利があります。
 
※ ただし、家族、友人等が、無料(商売ではない)で自動車の名義変更等を、

行うことは違反ではありません。


 
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://doityourself555.blog46.fc2.com/tb.php/52-f4d9ba81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック