FC2ブログ

登録識別情報制度1 (車検証の見方が変化する)

ここでは、「登録識別情報制度1 (車検証の見方が変化する)」 に関する記事を紹介しています。

 登録識別情報制度による車検証の見方の変化


自動車の名義を変更する場合には移転登録の手続が必要になります。

税金・保険などトラブルの元になりますので手続はお早めに。

 

平成20年11月から、登録識別情報制度の開始にともない


自動車検査証が以下の2つのタイプとなりました。 


お手持ちの自動車検査証をご確認いただいた上で、以下の書類をご準備ください。

 

:自動車検査証に所有者と使用者の欄が設けられ、所有者に関する記載があるもの。  

   (通称「Aタイプ車検証)といいます。)

 

:自動車検査証に所有者欄が無く、使用者欄のみが設けられ、

 
備考欄に自動車検査証発行時の所有者、例えばリース会社などの

 
情報が表示されたもの。(自動車検査証の枠外左上の番号欄に、

 
5桁の数字に続いてアルファベット「B」の標記があるもの。

 
通称「Bタイプ車検証」といいます。)

  
なお、Bタイプ車検証が交付されている場合には、

 
その所有者に登録識別情報が通知されています。

 

1.上記の「Aタイプ車検証」の場合には、所有者欄に記載されている

 
所有者の方からの書類をご準備ください。

 

2.上記「Bタイプ車検証」の場合には、備考欄に表示されている


 所有者の情報は変更されている場合がございますので、


 詳しくはそのリース会社などにご確認いただいた上で、

 
必要書類をご準備ください。なおその場合、

 
現在登録されている所有者に登録識別情報が通知されているため、

 
登録手続きの際には登録識別情報の提供が必要です。

 
旧所有者が登録識別情報を事前に電子的に提供していない場合には、


 申請書に登録識別情報の記入が必要となります。

 

※今のところ「Aタイプ車検証」が大半です。




登録識別情報制度パンフレット


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://doityourself555.blog46.fc2.com/tb.php/61-d1590217
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック