FC2ブログ

弁護士の先生が破産管財人として自動車の処分に関して、譲渡証明書・委任状出す場合についてのお願い

ここでは、「弁護士の先生が破産管財人として自動車の処分に関して、譲渡証明書・委任状出す場合についてのお願い」 に関する記事を紹介しています。
弁護士の先生が破産管財人として自動車の処分に関して、
譲渡証明書・委任状出す場合についてのお願い

1. 自動車検査証の株式会社 陸運商事の住所または商号が変わっている場合
所在地が札幌市東区東苗穂3条12丁目5番32号でない場合や、
商号が株式会社 陸運商事でなく変わっている場合は、
履歴・閉鎖事項全部証明書などを添付してください。
所在地・商号をつなげる必要があります。

2.必ず譲渡証明書・委任状の作成のときには
札幌市東区東苗穂3条12丁目5番32号
株式会社 陸運商事
札幌市中央区南2条西11丁目123番地
上記破産管財人弁護士  法務 太郎
と記入してください。

※もし上記のような記入ない場合は、
必ず破産者である会社の所在地および商号を記入する
スペースをあけてください。


管財人印鑑証明

そして譲渡証明書
管財人譲渡書

そして委任状は
管財人委任状





スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://doityourself555.blog46.fc2.com/tb.php/71-1e70d70f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック