FC2ブログ

登録自動車(封印の付いている)車庫証明の具体的な申請手続きは

ここでは、「登録自動車(封印の付いている)車庫証明の具体的な申請手続きは」 に関する記事を紹介しています。
登録自動車(封印の付いている)車庫証明の具体的な申請手続きは

1. (申請用紙の用意)最寄りの警察署に行き、車庫証明の申請用紙を

もらってきます。
車庫証明の提出先は車の置く場所(保管場所)を、

管轄している警察署です。各警察所長に対しての申請なので、

様式が警察署によって若千違う。

(都道府県単位)警察署によって申請書が、2枚-5枚になっている。

しかし、記載内容は、法律で決まっているので、

記載事項はほとんど同じ。また管轄都道府県の警察の

ホームページからダウンロードできるケースもあります。

ダウンロードの場合は複写しないので1枚ずつ書かなければいけませんので、

警察署に用紙をもらいに行ったほうが楽かもしれません
 
2.車の置く場所(保管場所)の土地所有者等からの書類の用意

a)車の置く場所(保管場所)の土地が申請者本人の土地でない場合は

土地所有者から、保管場所使用承諾証明書をもらいます。

b).車庫証明申請者本人が、その土地を所有している時は

保管場所使用権原疎明書面
(自認書)を使用します。
 
3.(警察署に申請する)車庫の有る地域を管轄する警察署に行き、

収入証紙売り場で2200円位の証紙を購入します。

申請書と証紙および使用権原を証する書面、所在図および配置図を提出しま

す。許可日(申請日1日~
2日後の平日)が指定され引換証が交付されます。

警察署によって若千違う。
 
 4. (警察署から現地調査が入る)警察から依頼を受けた交通安全協会の職員が

保管場所の現地調査に見に来ます。何か問題があれば、

申請者の所へ連絡が入る。
 
5.(警察署に車庫証明を受け取りに行く)指定された許可日に引換証を持参して

警察署に行きます。引換証に申請者名と受領者名を記入します。

証紙売り場で550円の収入証紙を購入します。引換証と収入証紙を

提出して、保管場所証明書を受領します
警察署によって若千違う。
 
※ 車庫証明手数料はいくら?(北海道の場合) 

※他都府県では若干金額が違います。収入証紙を貼付して払う

 1.登録(普通・小型)自動車  保管場所証明申請手数料-----2,200
             
                      保管場所標章交付手数料----- 550 (合計2,750)
 
2.軽自動車         保管場所標章交付手数料----- 550円のみ

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://doityourself555.blog46.fc2.com/tb.php/75-1a882cb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック