FC2ブログ

軽自動車車庫証明(自動車保管場所証明書)の特徴

ここでは、「軽自動車車庫証明(自動車保管場所証明書)の特徴」 に関する記事を紹介しています。

軽自動車車庫証明(自動車保管場所証明書)の特徴

保管場所届出が必要な場合 

1.軽自動車を保有したとき(軽自動車名義・住所変更
 
2.軽自動車の保管場所を変更したとき(軽自動車名義・住所変更

3.軽自動車の保管場所を適用地域内に変更したとき(軽自動車名義・住所変更
 
 1.軽自動車の車庫証明は、名義変更後や住所変更後に、警察署に対して
 
保管場所届出
出すことになるので名義変更・住所変更の手続が終わった後

  の車検証のコピー
を添付する。
 
 2.軽自動車は一部指定された場所のみ車庫証明が必要
  
 (
おおよそ10万人以上の市)

  申請必要書類は


        1.
自動車保管場所届出書(警察署で配布)

2.保管場所標章交付申請書(警察署で配布)

3.保管場所の使用権原を証する書面 (警察署で配布)

4.保管場所の所在図および配置図(警察署で配布)

        5.名義変更・住所変更の手続が終わった後の車検証のコピー




スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://doityourself555.blog46.fc2.com/tb.php/76-174329f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック