FC2ブログ

登録自動車の法定相続人は誰?(民法にて決まっている)

ここでは、「登録自動車の法定相続人は誰?(民法にて決まっている)」 に関する記事を紹介しています。
最初に車検証を見る

次に法定相続人は誰?
 
配偶者がいる場合
1. 配偶者 + 第1順位者(子又は孫)
2. 配偶者 + 第2順位者(父母又は祖父母)
3. 配偶者 + 第3順位者(兄弟姉妹 又は 甥・姪)
4. 配偶者

配偶者がいない場合
5. 第1順位者(子 又は 孫)
6. 第2順位者(父母 又は 祖父母)
7. 第3順位者(兄弟姉妹 又は 甥・姪)  以上

配偶者とは
夫または妻のことで、法律上の婚姻関係(戸籍上)にある者。内縁関係では相続権はありません。
配偶者は、常に相続人になります。

直系卑属とは
子、孫、曾孫等のこと。子には、養子縁組した養子や他の家に養子に出した実子も含まれます。

直系尊属とは
父母又は 祖父母など
 
代襲相続とは(もともとの相続人に代って相続する)
子と兄弟姉妹には「代襲相続」が認められています。代襲相続とは、本来相続すべき人が

被相続人より先に死亡している場合に、その子孫がかわって相続することです。
具体例を申し上げますと、2人兄弟が相続した場合、長男が既に亡くなっていれば、
その子が代わりに相続するということです。
ただし、第1相続人の代襲は永遠に続くのですが、兄弟姉妹の場合はその子(甥・姪)までです。
この「代襲相続」が成立するのは、
1.相続人が被相続人より先に死亡している。
2.「相続欠格」や「相続排除」で相続権を失っている。
上記2つの場合です。



下をクリック小さい場合もう一度クリック
定相続人の範囲



法定相続人の範囲




スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://doityourself555.blog46.fc2.com/tb.php/86-e9f96d34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック