FC2ブログ

登録自動車(封印の付いている自動車)の抵当権について

ここでは、「登録自動車(封印の付いている自動車)の抵当権について」 に関する記事を紹介しています。
登録自動車に関しては、不動産と同じ様に、抵当権を設定することができます。


抵当権設定は債権を担保する目的での登録方法ですが、自動車においては、

以前から、所有権の留保主流となっていますのであまり実用的ではありません。

理由は、その手続きに対する印紙代が高いため、抵当権設定の制度はありますが、

ほとんど利用されていないのが実情です。

しかし、高額車両などに関しては抵当権に関する内容が記載された

登録証明等を取得し、購入前に確認をしておく作業も行っておいたほうが

良いかもしれません。

抵当権が設定されていても車検証上では判別しにくい。

そこで、その車に万一、抵当権が設定されていると、

不都合な場合がありますので注意が必要です。

ただし、抵当権は債権を担保する目的なので、基本的にそれなりの価値がある

車両
(高額な自動車)でなければ、ほとんど抵当権の設定はないものと思います。

一般的に自動車は価値が不動産などに比べ、早く落ちてしまうので抵当権の

設定が無意味となるケースも多いので抵当権が普及しなかった

のではないでしょうか。
 
※ 過去、かなりの自動車登録にかかわってきましたが実績は2件だけでした。
 
 抹消登録するため陸運支局にて申請したところ、抵当権が設定されていて
     申請が却下されました。

※ 自動車に抵当権の制度がある事を知らない人が、ほとんどです。


※下に参考法令

自動車抵当法

建設機械抵当法



スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://doityourself555.blog46.fc2.com/tb.php/95-3582dfe2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック